第四北越銀行

バランスパック

株式投資信託を10万円以上お申し込みいただくと、株式投資信託のお申込金額まで円定期預金に金利を上乗せします。

ポイント

ポイント1

定期預金に年+1.0%の金利上乗せ!

株式投資信託のお申込金額まで、定期預金の店頭表示金利に+1.0%金利上乗せ※します。

  • 初回預け入れ時のみ適用

ポイント2

投資するタイミングを分散してリスクをコントロール

まとまった資金を一度に投資するのではなく、定期預金の満期を待ってから投資することで時間分散の効果が期待できます。

商品概要
お取り扱いチャネル
  • 店舗
ご利用いただけるかた 個人、法人
定期預金預入期間 3ヵ月
お申し込み対象
  • 当行の店頭窓口で株式投資信託を10万円以上お申込いただいたお客さまが対象となります。
  • ノーロード投資信託は対象外です。
  • インターネットバンキングによる取引は対象外です。
  • 株式投資信託のお申込金額まで円貨定期預金に金利を上乗せします。
  • 株式投資信託をお申込いただいた日から、翌月末までにお預け入れいただいた円貨定期預金が対象となります。
適用金利

個人のお客さまは、店頭表示金利+年1.0%
(税引後 年+0.79685%)
法人のお客さまは、店頭表示金利+年1.0%
(税引後 年+0.84685%)
個人のお客さまで好日倶楽部プレミアムサービス会員さまは、さらに+0.5%(税引後 年+0.398425%)上乗せします。
(キャンペーン実施時を除きます)

  • 上乗せ金利は、当初3ヵ月間のみ適用されます。
    初回満期日以降は、その時点での店頭表示金利にて自動継続されます。
  • 店頭表示金利については店頭窓口または下記「預金金利のご案内」からご確認ください。

預金金利のご案内

中途解約 本預金は原則として中途解約はできません。やむを得ず中途解約する場合には上乗せ金利は適用されず、当行所定の中途解約利率が適用されます。
ご注意いただきたい事項

投資信託についてご注意いただきたい事項

  • 元本割れのリスクがあります。
    投資信託は値動きのある株式・債券・リートなどで運用するため、組入有価証券などの価格下落や組入有価証券などの発行者の信用状況悪化・為替変動などの影響により、基準価額が下落し、損失が生じる場合があります。
  • 費用がかかります。
    投資信託は、お申込時に直接ご負担いただく費用(申込手数料:最大3.30%)、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用(信託報酬:最大年2.1125%)、換金時に直接ご負担いただく費用(信託財産留保額:最大0.5%)、その他費用(その他費用は変動しますので、上限の手数料は記載できません。)などかかる場合があります。費用は商品ごとに異なりますので、詳細につきましては各商品の「目論見書」などでご確認ください。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
    また、当行による元本の支払いおよび利回りの保証はありません。
    当行でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
    • 投資信託をご検討の際は、「交付目論見書」「目論見書補完書面(投資信託)」などよくお読みいただき、ご判断ください。

定期預金についてご注意いただきたい事項

  • 上乗せ金利の対象となるスーパー定期またはスーパー定期300は、投資信託のお申込以降、翌月末までに申し込まれた同一名義のものが対象となります。また、定期預金の途中解約資金により作成した定期預金は対象となりません。
  • 個人のお客さまは、お利息に20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税が適用となります。
  • 法人のお客さまは、お利息に国税15.315%の源泉分離課税が適用となります。
  • 本預金は預金保険の対象となります。
  • 本商品は、店頭窓口にてお取扱します。ATM、インターネットなどでのお申込はできません。
    • スーパー定期預金についての詳細は下記からご確認ください。

スーパー定期/スーパー定期300

当行が契約している指定紛争解決機関 一般社団法人全国銀行協会
連絡先    全国銀行協会相談室
電話番号   0570-17109または03-3252-3772
投資信託に関するご注意事項
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は投資元金が保証されている商品ではありません。
  • 投資信託の設定、運用は、投資信託委託会社が行います。
  • 過去の運用実績は、将来の運用結果を約束するものではありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたご投資家のみなさまご自身に帰属します。
  • 投資信託は、株式、公社債などの値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、基準価額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。また、外貨建て資産に投資するものは、この他に為替相場の変動などの影響により基準価額が変動するため、投資元金を割り込むことがあります。これらに伴うリスクは、ご投資家のみなさまご自身のご負担となります。
  • 投資信託に係る手数料としましては、ファンドにより異なりますが、ご投資家のみなさまに直接ご負担いただく費用としまして、当行所定のお申込手数料(お申込代金総額に対し最大3.30%(税込))がかかるほか、一部のファンドは換金時に信託財産留保額(換金時の基準価額の上限0.5%)がかかります。また、保有期間中には、信託財産で間接的にご負担いただく費用としまして、信託報酬(純資産総額に対し最大2.1125%(税抜1.995%))がかかるほか、組入有価証券の売買委託手数料や監査報酬などのその他の費用(運用状況などにより変動するものであり、事前に料率、上限額などを表示することができません)がかかります。なお、当該手数料の合計額については、ご投資家のみなさまがファンドを保有される期間などに応じて異なりますので、表示することができません。詳しくは、各ファンドの「交付目論見書」、「目論見書補完書面(投資信託)」でご確認ください。
  • 投資信託は、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託をご購入の際は、最新の「交付目論見書」、「目論見書補完書面(投資信託)」の内容を十分にお読みいただき、ファンドの内容を十分にご理解のうえお申し込みください。
お申し込み/お問い合わせ

ご相談予約、第四北越銀行の店舗窓口でのお申し込み、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

コールセンター 9:00~20:00(土日祝日・年末年始を除く)

一部のIP電話などフリーダイヤルがつながらない場合
025-226-6595(通話料有料)

このページの上部へ
合併銀行に関するQ&A