第四北越銀行

リスクベース認証(秘密の合言葉)

リスクベース認証(秘密の合言葉)とは?

リスクベース認証(秘密の合言葉)は、第三者のなりすましによる犯罪などの不正利用を防ぐためのセキュリティ対策です。
インターネットバンキングにログインする際のアクセス環境を分析し、お客さまが普段利用されているパソコン以外のパソコンで利用される場合など、通常と異なるご利用環境(端末情報など)と判断した場合、お客さま本人であることを確認するため、ご本人を特定させるための認証(追加認証)を行う機能です。

ご本人情報の設定

はじめて「インターネットバンキング」にログインされる際、「ご本人情報(追加認証情報)の設定」を行います。

STEP.1

「ログインID」と「パスワード」をご入力のうえ、「ログイン」ボタンを押してください。

STEP.2

「ご本人情報」の設定(ご本人情報の入力)

追加認証用の3個の質問をプルダウンから選択し、お客さまの回答を入力してください。
回答は全角10文字以内(ひらがな、カタカナ、英字、数字)で入力してください。

  • 追加認証時に回答を複数回誤って入力されますと、インターネットバンキングのご利用ができなくなりますので、お忘れにならないようご注意ください。
  • ご本人情報(追加認証情報)は、管理者・利用者それぞれで設定を行います。
  • ご本人情報(追加認証情報)設定後、内容の変更はできません。

STEP.3

「ご本人情報」の設定が完了しました。
メニュー画面が表示されますので、ご希望のサービスをご利用ください。

ご登録後の本人確認

普段利用しているパソコン以外のパソコンで利用される場合など、通常と異なる利用環境(端末情報など)と判断した場合には、登録された「ご本人情報」による追加認証を行う場合があります。

追加認証を求められた場合

お客さまが登録された「ご本人情報」に対する回答をご入力のうえ、「確認」ボタンを押してください。
回答が事前に登録された内容と異なる場合はログインできません。

  • 追加認証の質問は、お客さまが登録された3つの質問の中からランダムに1つ表示します。
  • 回答を複数回誤って入力されますと、インターネットバンキングのご利用ができなくなりますのでご注意ください。

追加認証を求められる場合

  • 普段利用しているパソコン以外のパソコンからログインした場合
  • 一定期間利用が無かった場合 など

お困りのお客さま

  • 追加認証の回答を複数回誤って入力したため、ロックがかかった場合
  • 追加認証の回答を失念した場合
    • セキュリティ確保のため、追加認証での回答を複数回連続で間違えた場合、ロックがかかりログインができなくなります。
    • 管理者のロック解除や追加認証を失念した場合は、店頭にご来店のうえ、お客さまからのお届けが必要です。なお、BIZ-WEBの場合は利用者のロック解除などについては管理者がBIZ-WEBのメンテナンスメニューで解除可能です。
お問い合わせ
eネットバンキングサポートセンター
サービス内容、操作方法については... 9:00~20:00(土日祝日・年末年始を除く)
コールセンター
ワンタイムパスワードの利用解除、ご本人認証初期化については... 9:00~20:00(土日祝日・年末年始を除く)
電話による解除などの受付は
9:00~19:00(土日祝日・年末年始を除く)

一部のIP電話などフリーダイヤルがつながらない場合
025-226-6595(通話料有料)

このページの上部へ
合併銀行に関するQ&A