第四北越銀行

外貨預金金利

2021年11月22日 現在

  • 本表は、税引前の年利率で表示しています。
  • 適用期間中でも、金利情勢の変化により変更する場合がございます。

外貨普通預金

米ドル建外貨普通預金 0.010%
ユーロ建外貨普通預金 0.001%
オーストラリアドル建外貨普通預金 0.010%

積立外貨預金

米ドル建積立外貨預金 ※平成19年3月1日以降、新規取扱中止
1万米ドル未満 1万米ドル以上
0.010% 0.010%
ユーロ建積立外貨預金 ※平成19年3月1日以降、新規取扱中止
1万ユーロ未満 1万ユーロ以上
0.001% 0.001%

外貨定期預金・スーパー外貨定期預金

米ドル建外貨定期預金
10万米ドル未満 10万米ドル以上
1カ月 0.050% 0.050%
3カ月 0.050% 0.050%
6カ月 0.050% 0.050%
1年 0.100% 0.100%
ユーロ建外貨定期預金
10万ユーロ未満 10万ユーロ以上
1カ月 0.001% 0.001%
3カ月 0.001% 0.001%
6カ月 0.001% 0.001%
1年 0.001% 0.001%
オーストラリアドル建外貨定期預金
10万オーストラリアドル未満 10万オーストラリアドル以上
1カ月 0.050% 0.050%
3カ月 0.050% 0.050%
6カ月 0.050% 0.050%
1年 0.050% 0.050%

リスク・手数料・その他ご留意いただきたい事項等

為替変動リスク

外貨預金は、お預入時の円貨から外貨への交換と、お引出時の外貨から円貨へ交換の際の為替相場の変動により、お引出時の為替相場が円高であると為替差損が生じ、お引出時の受取円貨額がお預入時の払込円貨額を下回り元本割れするリスクがあります。また為替相場に変動がない場合でも、お預入時の円貨から外貨への交換レート(TTS)と、お引出時の外貨から円貨への交換レート(TTB)に含まれる為替手数料(1米ドルあたり片道1円(往復2円)、1ユーロあたり片道1.5円(往復3円)、1オーストラリアドルあたり片道2円(往復4円))はお客さまのご負担となる為、お引出時の受取円貨額がお預入時の払い込み円貨額を下回り元本割れするリスクがあります。

手数料等

  • 為替手数料
    お預入時に円貨を外貨に交換する際およびお引出時に外貨を円貨に交換する際は、1米ドルあたり片道1円(往復2円)、1ユーロあたり片道1.5円(往復3円)、1オーストラリアドルあたり片道2円(往復4円)の為替手数料がかかります。お預け入れおよびお引き出しの際は、為替手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(お預入時)、TTBレート(お引出時)をそれぞれ適用します。
  • 外貨取扱手数料
    外貨現金でのお預け入れおよびお引き出しの場合、1米ドルあたり片道2円(往復4円)、1ユーロあたり片道6円(往復12円)、1オーストラリアドルあたり片道8円(往復16円)の外貨取扱手数料を申し受けます。
    外貨現金でのお引き出しのご依頼があった場合でも、当行の都合により、当行所定の為替相場により換算した、当該外貨現金に相当する円貨によりお支払いする場合がございます。
    なお、外貨現金がご入用な場合は、ご用意するまで数日かかる場合がございますので、事前にお取引店までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

税金

<個人>
お利息は20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税が適用されます。為替差益は雑所得として総合課税の対象となり確定申告が必要となります。(ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた雑所得など給与以外の所得の合計が年間20万円以下であれば確定申告は不要です。)
<法人>
総合課税として15.315%(国税)が源泉徴収されます。

預金保険、マル優

この預金は、預金保険および非課税貯蓄申告制度(マル優)の対象外です。

取扱時間

窓口でお申込みの場合、米ドルは9:00~15:00、ユーロ・オーストラリアドルは10:30~15:00となります。

このページの上部へ
マネーまるわかり