第四北越銀行

ウイルス・スパイウェアとは?

ユーザーに害を及ぼすプログラム

コンピューターウイルスやスパイウェアは、ユーザーに何らかの悪い影響を与える“不正なプログラム”の総称で、インターネット上の危険な存在のひとつです。

システムの改ざん・不正操作
Windowsやソフトウェアの内容の一部を勝手に書き換えたり、外部から勝手にパソコンを操作したりします。

データの破壊
パソコン内に保存されているデータやファイル、Windows自体を勝手に削除したり使用不能にしたりします。

データの改ざん
ワープロや表計算などのソフトで作ったデータなどを勝手に書き換えてしまいます。

情報の不正流出
パソコン内に保存されているデータを、無断でインターネットや外部の特定のパソコンなどに転送してしまいます。


当てはまる項目があれば対策のためにこちらをチェック!

お問い合わせ

お電話にてお気軽にお問い合わせください。

コールセンター 9:00~20:00(土日祝日・年末年始を除く)

一部のIP電話などフリーダイヤルがつながらない場合025-226-6595(通話料有料)

このページの上部へ
合併銀行に関するQ&A